安い羽毛枕で寝ていたのですが、頭を載せた瞬間に座布団のようになってしまい、とても寝苦しい夜を過ごしていました。安物買いの銭失いという言葉がありますが、まさにそんな感じでした。

それだから、奮発して最近、1万円の枕を購入しました。
そば殻の枕か羽毛にしようと思っていましたが、今までと同じことをしていては、同じ結果しか得られないと思ったので、羽毛もそば殻もやめて、ドイツ製の低反発枕にしたのです。

すると、低反発だからとても頭をしっかり支えてくれて絶対に座布団のようにはなりませんでした。
頭を載せてもぺしゃっとつぶれない、低反発ながらも硬めの枕にしたので、すごく快適に寝られるようになりました。

なんとなく床に横になるときも、気付かないうちに腕枕をしてしまいます。
引用≫https://xn--cckudqa4n0826b9ke.xyz

それほど、枕というものは必要で、しっかりとしたものを選んだだけでこれほどまでに気持ち良く眠れるんだなということが分かった日でした。

次の日は朝早く起きて、早朝に散歩してコンビニで水を買いました。

枕だけで人生が変わると思った1日でした。